2004年11月16日

読書の秋?

久しぶりに仕事帰りに本屋に寄ってきた。
見かけによらず結構、読書好きで家には文芸、文庫本を合わせて400冊程ある。

読む本もジャンル問わず、恋愛から推理、ホラー小説まで色々。日本人から
外国人作家まで読むのだが、なぜか女性作家は少ない。
今日は、特に目当ての本はなかったのだが、石田布良の「池袋ウエスト
ゲートパークV」の文庫本がでていたので購入する。石田布良は
このシリーズだけしか読んでいないがなかなか面白い。何かに大沢在昌の
デビュー作「佐久間公」シリーズに似た感じがあると書かれていたが
時代背景が違うだけで似たような感じはある。
後は大好きな島田荘司の「龍臥亭幻想」を買ってきた。
島田荘司は推理小説家のなかでもかなり好きで、ほとんどの本を
持っていると思う、有名な「御手洗潔」シリーズはどの本も読みごたえ
があってトリック等も面白い。
今は、スティーブン・キングの短編集を読んでいるので、それが読み終わったら
読もうと思う。
posted by KAZ at 20:44| Comment(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。