2005年02月06日

笠置ボルダー2

朝から電車の音やカラスの泣き声で起こされる。
天気は曇り空で昨日よりも寒い感じ、ゆっくりと準備をして昼前に岩場に到着。
アップを済ませてから「トンネルホール」のシットダウンバージョンを
触ってみる。スタートから抜けの部分が悪いのだが、ホールドが痛い。
何度か触ると慣れてきたのか保持できるようになり完登。
奥のエリアに移動して昨日と同じ課題を触ってみるが、やっぱりダメ。
笠置の冬は元々陽が当たらないのだが、今日も曇り空のうえ風があって
寒い。寒くて登らないと悪循環でますます登れなくなる。
そのうえ指の皮がヒリヒリしてホールドを触っているだけで痛い。
結局最後まで寒さに負けて終了。
帰り道は夕食を食べても3時間くらいで到着、2日間行っても指の皮が
終わってしまうので日帰りでもいいかもしれません。
posted by KAZ at 00:01| Comment(2) | クライミング(ボルダー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
破天荒のアルバム見ましたよ。
のっぺり・丸ーい系で難しそうですね、自分は苦手な岩です。 フェイスが好きなので。
やはり川沿いはこの時期寒そうね。
豊田で二日間の方が充実しそうな気がしますが・・。
Posted by saf at 2005年02月08日 15:40
河原だと思っていくとまったく違います。
かなり指の皮をめくってきました。
気分的には豊田より痛い感じ、慣れるまで痛いです。
寒さにも慣れればいいんですが、風が吹くとかなり
寒かったですよ。
Posted by KAZ at 2005年02月08日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。