2008年10月11日

ディスク交換

ノートパソコンのディスク交換をしました。
標準で、80GBを160GBに交換、今までのディスクは外付用で流用です。

まずは、着いていたディスクの型番を調べる。
HGST HTS541080G9AS00 だったので同じメーカーの HGST の160GBで調べてみる。
今まで知らなかったが、SATAでも1.5Gb/s と 3.0Gb/s のモデルが
出ているみたい。HGST の場合、型番の末尾がAS00は 1.5Gb/s で
末尾が A300 が 3.0Gb/s なので、今のは、1.5Gb/s になる。
しかし、値段を調べてると、1.5Gb/sよりも3.0Gb/sモデルのほうが少し安いみたい。
ダメもとで、3.0Gb/sを購入して取り付ける事に。
購入したのは、HGST HTS5432160L9A300。7200rpmモデルも考えたが、発熱量が
気になったので、5400rpmモデルで選択。

早速、TureImage でイメージバックアップ。
データを消して40GB位にしてから始めたがバックアップに4時間弱かかる。
終わったらディスク交換。交換はネジ一本の付け直しで終了。
外したディスクをあらかじめ購入しておいた外付用のディスクケースに入れて
TureImageを起動。イメージバックアップから戻そうかと思ったが
ディスクのクローンもできたのでクローンをする時にディスクサイズも
変更してクローニング。こちらは30分位で終了。
再起動させると、何事もなく前と同じ状態で起動してきました。
システムリカバリ用のパーテーションも復元させてみて
起動させてみたが正常みたい。
なぜか、FireFox が起動しなくなったので、再度同じバージョンを
入れ直したら、普通に動きました。
前より気持ち早くなった感じ、ディスク音は確実に静かになりました。
posted by KAZ at 22:11| Comment(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。