2011年01月05日

ぱそこん改造…続

一晩、経ったらリビルドが終わっていました。
7時間かかったのは、RAID5のほうで、RAID10のほうはたぶん2時間少々でした。

リビルド完了を確認してから、mdadm --removeコマンドで外したいディスクを
RAIDアレイから取り外して、シャットダウン。
新しいディスクと交換して起動したら、うまく起動しました。
データも問題ない模様。

後は、お金がある時にディスクを購入して随時交換していけば拡張作業も
終わりですが、一回のリビルド作業に時間がかかるので、面倒です。

ついこないだまで、テラバイト級の容量なんで必要なのかと思っていましたが
今の状態で、家のディスク総容量は15TBくらいになってしまいました。
どこかで歯止めをかけないとまだまだ増えそう。やっぱりBDか?
ラベル:パソコン
posted by KAZ at 13:10| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。